「口臭」カテゴリーアーカイブ

自分では気づきにくい口臭

今の世の中どこに行くにもマスクが欠かせないようになりました。

効果なし?ブレスマイルウォッシュを3ヶ月使用した私の口コミ&評価が衝撃的?

そこで今までには無かった問題に気付いてしまったのです。

それはマスク内にこもる自分の口臭。え?これもしかしてマスクしてなかったらこの口臭が周囲に撒き散らされてたってことですか?と怖くなりました。これまでも歯磨きは普通にしてきましたか、それだけじゃダメなんじゃないか?と思いはじめ、朝晩の歯磨きの他ランチ後もすぐ歯磨きとマウスウォッシュを追加。歯磨きに使う歯ブラシ、歯磨き粉も口臭対策に重点を置いてセレクト。あと、歯間ブラシやフロスも欠かせません。

歯ブラシはやはり一番良いのは電動歯ブラシだと思いますがお値段が少々お高いのがネックになり、それはまだ導入できていませんが、いつかは電動歯ブラシにしたいと思います。歯の磨き方にも気をつけるようになりました。歯茎に歯ブラシの毛先が当たるようににして小刻みに歯ブラシを上下左右に動かすのが良いようです。

表側の歯茎だけでなく、裏側の上顎につながる部分も丁寧に磨くようにしています。そこを歯ブラシでゴシゴシするとくすぐったいのですが頑張って磨きます。仕上げはハードなミントのマウスウォッシュで汚れを一掃。それでもすぐに口臭が気になりますのでオヤツはキシリトール系のガムにしています。

歯を磨いても無くならない口臭

一年前、急に口の臭いが気になりだした。その頃歯が根本から痛いことがあり口の中に違和感があったからだ。奥から3番目の歯がそれで指で触ると動く感じがする。

効果なし?ブレスマイルウォッシュを3ヶ月使用した私の口コミ&評価が衝撃的?

その触った指を匂って見ると強烈なドブの臭いが!おそらくではあるが歯周病だと思われる。とにかくこの臭いを消さないと多分周りは臭いことに気づいていると思うので・・・

取り敢えずその時使用していた歯磨き粉を止め液体ハミガキに変えてみた。歯周病菌に効くGUM(歯周病菌を殺菌し、金の残骸(LPS)まで吸着除去と書いてあった)を使用してしばらく様子を見ることに。なるべくその原因と思われる歯の周りを意識して重点的に磨き続けた。使用感はなんとなく効いている感じではあったが、1週間程してその歯に触れてみたらまだ動く感じがし、触った指は最初ほどの臭いはしなかったがそれなりの臭いがした。流石にまだ1週間だし最低1ヶ月は使用してみたほうがいいのかなと。

そして1ヶ月毎日磨き続け、どうだと思って恐る恐る触ってみたらまだ動いてはいたものの臭いがしなくなっていた。効いていました。さすが液体ハミガキ売上NO.1のシールを貼るだけのことはある!別にGUMの回し者ではありません。それ以来歯磨きはGUMを使用しています。

口臭対策の和食がいい理由

自分では分からなくても家族やパートナーから指摘されて初めて自分の口臭がきついと気づく方も少なくありません。そして、この口の臭いを何とかして解消する方法として必死で歯磨きの回数や時間を増やしてみたり、もしくは口臭対策につながりそうなデンタルケア製品やサプリメントを活用してみる方も多いものです。

http://sakurasou.littlestar.jp/

それで改善できればいいのですが、何を試してみても解決できないケースに陥りがちな方もいらっしゃいます。このケースに心当たりがあるという場合には、口からはかなり離れている臓器ですが、腸の健康に注目してみることですんなりと解消される可能性もあるのです。

私達は健康にも美容にも腸内環境を理想的な状態に整えておくということはとても重要です。腸内細菌で善玉菌が優勢となるバランスをキープするような食品選びは口臭改善に直結する町内観光の健康維持につながります。発酵食品と食物繊維は強力なサポーターとなるので積極的に摂取したいものです。栄養バランスを整えやすく、肌荒れといったトラブルにつながりにく和食は理想的です。お味噌汁とお米に発酵食品のぬか漬けや納豆を添えた一汁一菜でも十分に栄養をまかなえます。包丁も火も使わなくていいので手間もかかりません。

なんだかんだで歯磨きが一番よい

口臭を少しでも良い香りというよりはとにかく臭わないようにということをしたいのであればきちんとした歯磨き粉を利用するようにするとよいでしょう。

本音口コミ!アリートの最安値通販や購入して使用した効果などを暴露!

歯磨き粉というのはかなり重要であり、歯を美しくというよりは臭いを消してくれるようなものを積極的に選ぶということによって、相当に大分口臭というのが改善していく方向で効果を発揮してくれることでしょう。

大変なことは多いのですが、歯磨きををかなり積極的にやっておくということによって、やはり口臭というのも消えていくことが圧倒的に多いです。歯垢がこびりついていて剥がれないというようなことがあるのであれば歯医者に行ってそれを削ってもらうというのも良いでしょう。

やはりニオイの原因というのはそういうあたりのところから発生していることが圧倒的に多いからです。後は意外と体調不良などから起きるということがあったりするので、それは注意しておきましょう。内臓が不調であったりすると意外とそれが口の中の匂いに影響するということがあるのでそういう辺りのところから改善していくということができれば十分に口臭というのは問題の無いレベルまで引き上げるということはできることでしょう。それをしっかりと狙うことです。

妊娠中は要注意!妊婦の口臭、原因と赤ちゃんへの影響

妊娠中って、においに敏感になりませんか?ニンニクなどの強いにおいで気分が悪くなったり、以前は平気だった夫のにおいもダメになったり…自分自身のにおいに対してもです。私も妊娠中、鼻が利きすぎて自分の口臭が気になり、悩んだ時期がありました。今までなんともなかったのに、どうして…?
実は、妊娠中はというのは口臭が発生しやすい時期だと言われています。妊婦の口臭の原因と赤ちゃんへの影響について、考えてみましょう。

http://www.revolutioncraftbeer.com/

・口臭の原因①つわりでの歯磨き不足
つわりの時期は食事の時間が不規則になり、十分に歯を磨けないことがあります。また、歯磨き粉のにおいや、歯ブラシを口の中に入れる行為自体に違和感があり、歯磨自体が嫌になってしまう方もいます。食べかすが残った状態では、口内の衛生状態は最悪です。この悪循環が口臭の原因になってしまいます。

・口臭の原因②唾液の減少
妊娠中は、ホルモンの分泌量が増え、唾液の量が減少します。唾液には口内の菌を抑制する働きがあるので、虫歯になるのを防ぐ働きがあります。唾液が少なくなると虫歯ができやすくなり、口臭につながります。

・赤ちゃんへの影響
口臭と赤ちゃんって、全然関係ないでしょ?と思われる方もいらっしゃると思います。しかし口臭というのは、口内環境の悪化を表しています。口内環境の悪化は虫歯だけでなく、歯周病の原因にもなります。歯周病にによる炎症が血液によって体中に運ばれることで、低体重児や早産のリスクが7倍も高まるといわれています。

・まとめ
口臭は自分や周囲が不快になるだけでなく、低体重児や早産になるサインでもあります。生まれてくる赤ちゃんの為にもしっかりと口内環境を整え、余裕を持って出産に臨めるよと良いですね。

口臭の最たる原因?歯間・唾液?

 あなたは自分の口臭を気にしたことがありますか?日本は水や自然に豊かで綺麗な国というイメージがありますがその反面で多くの外国人が日本人の口が臭いと感じています。ある調査によると在日外国人の72%が「日本人の口臭にがっかりした経験がある」と答えているそうです。

http://amiko-a3.com/

 そんな口臭の最も大きな原因はなんだと思いますか?大勢の人が歯磨きが足りない、舌磨きをしていないなどとら考えるのではないでしょうか。実は、歯磨きのしすぎ舌磨きのしすぎはかえって逆効果になります。歯を磨きすぎてしまうと歯の表面にあるエナメル質を削ってしまい、知覚過敏や虫歯の原因になってしまうのです。また、舌磨きも相当な舌苔がない限りはそこまで磨く必要はないとされています。舌を磨きすぎてしまうと味蕾という部分を傷つけてしまう。そして、舌のヒダを増加させてしまい、口臭を強くしてしまうことがある。

 では、口臭の最たる原因はなんであろうか。私は歯間の汚れと唾液であると考える。多くの人は歯磨きは朝夜1日2回していると思う。しかし、デンタルフロスで歯間を磨いている人は少ないのではないだろうか。実際、歯の表面についている汚れなどはたかが知れている。歯磨きを少ししてしまえばすぐにとれてしまう。一番汚れが溜まっているのは歯と歯の間である。ここの汚れをしっかりとらなければその汚れが口臭の原因になってしまう。ただの歯磨きと歯磨き+歯間ブラシでどれだけの汚れが落ちたかという実験を行ったところただの歯磨きでは61%に対し歯間ブラシを追加して行った場合は85%も汚れが取れたそうである。

 あともう一つ重要なのが唾液である。唾液は歳を取るにつれて減少していく。唾液が少なくなってしまうと口内が乾燥し口臭の原因になってしまう。唾液の量を増加させるというのは少し難しいので、常にガムを噛んだり飴を舐めたりして唾液の分泌を促す、お口の乾燥を防ぐということが重要である。

口臭ケアには欠かせない!原因を見極めよう!

話している相手の口臭が気になったことから、自分の口臭が気になりケアを始めた人も多いのではないでしょうか。

最近ではさまざまな口臭ケア商品が発売されていますよね。評判どう?ブレスマイルウォッシュを実際に使った私の口コミ&効果!

しかしなかなか口臭が改善されないとお悩みの方は、もしかしたら公式の原因と商品の効能とマッチしていないのかもしれません。

口臭の原因は主に2つあります。

1つ目は「内臓が悪い場合」です。

糖尿病や消化器系の不調が原因で口が臭うようになります。

例えば、糖尿病だと甘酸っぱい口臭になるのが特徴です。

この場合は病院にかかるのが口臭改善に欠かせません。

2つ目は「口の中に問題がある場合」です。

虫歯や歯周病などがあると口臭に影響を与えます。

また、舌の汚れも臭いを発します。

舌の表面は舌乳頭という凸凹の組織があります。

ここに食べ物のカスや、舌の表面から剥がれた細胞が付着してしまうと、細菌がその汚れをもとに繁殖していきます。

そうしてどんどん口臭がひどくなっていきます。

自分の口臭の原因は内臓と口の中のどちらなのか確認することで、その後の対処が変わります。

内臓が原因であれば病院に行きましょう。

舌の汚れであればまず舌のケアをできる商品を購入し様子を見てもいいでしょう。

きちんと原因を見極め、爽やかな口臭を手に入れたいですね。

道具のいらないお手軽口臭予防

歯磨きや糸ようじなど、ひと通りのオーラルケアをしていても、どうしても口臭は発生してしまうもの。少しでも、丁寧でこまめな取り組みが口臭の抑制につながると思います。

キラハクレンズの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用した私の口コミ体験談!

私が実践しているのは、指での歯肉磨き。歯そのものや歯のすき間は歯ブラシできっちり磨き上げるものの、歯ぐきを磨くことはあまりありません。口の中における歯ぐきの面積は意外と広いので、ここが清潔になっていないと粘着きでの口臭の要因の一つになります。

やり方は簡単。毎食後の歯ブラシの後、人差し指で歯肉周りをなぞること。ごしごしやる必要はありません。スーッと一回なぞるだけ。それだけで、そのあとうがいをすると歯茎とほっぺたの間に水が通りやすくなっているのを感じることができると思います。マッサージするのではなく、口の中の粘着きを取りやすくするために一度すき間を広げる、というイメージ。歯磨きの時に手を洗う方は多いと思いますので、その流れで清潔な指を使えば安心です。

注意点としては、爪を立てないこと。歯ぐきはとても繊細なので爪が当たると傷ついてしまい逆効果です。ごしごしやってはいけません。また、利き手の指だけでやると思わぬところに爪が当たってしまいかねないので、右手の人差し指で左の歯ぐき、左手の人差し指で右の歯ぐき、が良いと思います。口のすき間を広げたら、そのまま水を両手ですくって口をよくすすげば、いつもと比べてとてもスッキリ感が増しているように感じられると思います。

子どもの口臭は何のサイン?

子どもの口臭には様々な原因がありますが、適切に対処することで口臭を改善することもできます。口臭を放置してしまうと、隠れた病気のサインを見逃したり、子どもが学校でいじめに遭ってしまったりするリスクもあるため、親御さんをはじめ、周囲の人の理解と協力が欠かせません。

http://www.suisaniwakawa.jp/

子どもの口臭の原因は、大きく分けて2つあります。

1つ目は、虫歯など口腔内環境の悪化です。虫歯菌が歯の穴の中で増殖すると、不快なにおいを発生させて口臭の原因となってしまいます。まだ永久歯に生え替わっていない年齢の子どもでは、虫歯対策が大変重要ですので、3ヶ月に一度程度を目安に歯医者さんに通って虫歯の予防・早期治療を心がけましょう。

2つ目は、寝ている間の口呼吸です。口呼吸をしていると、口の中が乾燥し、唾液量が少ない状態に陥ります。唾液量が少ないことで口腔内がネバネバし、このネバネバが口臭につながったり、虫歯を促進してしまったりすることが知られています。子どもの時から口呼吸が定着してしまうと、大人になっても直すことが難しいので、子どもの口呼吸を見つけたら、早めに対策してあげると良いでしょう。歯並びの悪さが原因で口呼吸につながっている場合もあるので、小児歯科に相談する方法もありますし、さらに鼻呼吸がしにくくなるような耳鼻咽喉系の病気が隠れている場合もあるので、耳鼻科に相談してみる方法もあります。

子どもの口臭の原因を探り、早めに診断・治療を進められるようにしてあげましょう。

口臭対策にはマウスウォッシュ

口臭は体調に影響を受ける。

ブレスマイルウォッシュの効果を辛口評価!最安値で購入可能な通販サイトは?

不規則な生活、バランスの悪い食生活を継続していると口臭が気になる。

マスク着用が常識化した現在では、口臭は多くの人が敏感に感じるようになっているはずである。

コロナ禍により生活に制限がさまざまな形で起きて、ストレスが非常に溜まりやすくなっているのではないだろうか。

つまり、負の連鎖が日常的に行われるようになる。

生活、体調のバランスが崩れてしまい、口臭がキツくなる悪循環から抜け出せなくなってしまっているのではないだろうか。

私もマスクを常用するようになってから口臭が気になるようになった。

以降は、マウスウォッシュで口内を濯ぐことを習慣化するよう努力をした。

始めたころは、わすれてしまったりしてなかなか習慣にならなかった。

また、いろいろな製品を試してみた。

最終的には「口臭科学から生まれたNONIO」を愛用するようになった。

価格と使用感の満足度のバランスが、自分に適していると感じたからである。

NONIOのノンアルコールライトハーブミントは、口内に刺激がなくとても快適に使用できる。

もしも、マウスウォッシュを探していて、なにから使えばいいのか迷われている方にはこの製品はおすすめである。