私の険しいニキビとの戦い

私は、高校1年生まではそれなりに綺麗な肌でした。しかし、高校2年生くらいから徐々に肌が荒れてきました。

リンクルシャインの効果を辛口評価!私の口コミやネット上の評判などをご紹介!

そこから私のニキビとの戦いが始まりました。今思えば、ニキビができる前は人並みに誰かに好かれたりしていましたが、ニキビができ始めてから本当にモテていませんでした。肌が荒れ始めてからどんどん自分に自信がなくなっていき、人前に出ることができなくなりました。

この影響は今も続いています。高校2年生の時の写真や動画を見ると、本当に肌が荒れまくっていてsnowで加工しても隠しきれていないほどでした。

高校2年生から3年生にかけて私はメイクを覚え始めました。はじめはニキビだらけの肌に何かを塗るのは怖かったのでアイメイクだけでしたが、高校3年生の後半からは肌メイクにも手を出し始めました。しかし思い返すと本当に良くないことをしていたと感じます。それは、スキンケアの勉強をする前に肌メイクを始めたことです。保湿やクレンジング、洗顔のあれこれを学ばずに肌メイクを始めてしまったので、肌はさらに荒れるばかりでとてつもなく悪循環でした。また、自分に合う合わない関係なくとにかく安いものを買っていたので、それも良くなかったと思います。

そんな時、大学受験が周りの子より早く終わり、自分の時間が出来たことで私はスキンケアを勉強し始めました。パックをしてみたり、クレンジングをしっかり選んでみたり、そこから本当に少しずつではありますが、肌荒れがマシになっていきました。思春期ニキビは個人差もあり、すぐに無くなるようなものでは無いので難しい問題ですが、スキンケアやメイクなど自分で出来ることは沢山あるので、もし将来自分の子供がニキビに悩んでいたら、自分の経験を生かしてアドバイスをしてあげたいなと思いました。