5月でも日焼け止めは必須!

 5月の紫外線は夏並み、という話を聞いたことがあります。聞いたことはあっても、目に見えない紫外線。特に気にしていませんでした。

ちゅらかさなの最安値通販サイトは?

 それでも、日焼け止めは連休明けからちゃんと使おう……と決意した4月の末日のこと。不要不急の外出を自粛すべきこのご時世、外出のほとんどが家と会社の往復だし、移動はほとんど車だし、と完全に油断しておりました。仕事を終えた帰り、運転席に座った瞬間直面したのは恐ろしくなるほどの強い西日。マスク生活の真っ只中で、その日はノーメイク。普段なら化粧下地の日焼け止め成分で多少はカバーされていたのかもしれませんが、その日何からも守られることなく浴びた強い西日は、帰路の約30分でじりじりと私の顔を焼きました。帰宅後すぐに鏡を確認したところ、そこに映るのは真っ赤になった自分の顔です。小学生の頃、炎天下で運動会の練習をした時の日焼けを思い出しました。

 保冷剤を使って急いで冷やしましたが、なかなか赤みは引きません。黒くなってしまったらどうしようという恐怖の中、火傷に効力のある某軟膏を塗りたくり、あとは祈るばかり。幸いなことに、しばらくした後に赤みは引きました。軟膏、効きます。

 今後は、出かける出かけない、マスクをするしないにかかわらず、日焼け止めをきちんと使おうと思います。