年齢を言い訳にしたくないけど

肌に関する一番の悩みは若い時から今まで、綺麗な状態の時期がほとんどないことです。
一度でいいから「お肌綺麗だね」って言われてみたいですが、夢の世界です。

若い時からニキビに悩まされ、現在(30代前半)に至っても、ニキビと戦う日々です。
もはや、ニキビではなく、吹き出物ですね。

レナセルクリアセラムの効果と私の口コミ!実店舗での市販状況などもご紹介!

学生時代に、今でもTVCMなどで流れる商品(洗顔料、化粧水、クリーム)を使用し、3か月ほどニキビなしの時期がありました。
ですが、それまでの蓄積であるニキビ跡のクレーターもあり、やはり綺麗な肌とまではいかなかったです。
その後、学生時代によくある不摂生な生活を送るとすぐに肌は荒れてしまい、再度、同じ商品を使ってみても、まったく効果なしでした。
肌質が変わってしまったのかな?と思い、また違う商品を試す日々を送りました。
皮膚科にも通い、ニキビを抑える薬を処方され、ビタミン剤も処方され、毎日使用したところ、多少はよくなったものの、ニキビに対しての強い肌にはなりません。
食生活も白米にハトムギを混ぜたり、肌に良い野菜を多く食べるなど、気を付けましたが、肌が綺麗になるのは同じ食事をとっている母ばかりでして、「おかげで肌が綺麗になったわ~。」なんて言われてました。
試行錯誤しているうちに、20代中盤になり、気づかないふりをしてても気づいてしまう毛穴とほうれい線問題に直撃です。
毛穴の開きというものは手強いもので、改善が見込めません。
ほうれい線についても、仕事の休憩中にお手洗いに行くと、化粧によってほうれい線がくっきり目立ち、もはや悲しさを通り越し呆れるほどでした。

肌に関しては、払える範囲であれば多少の出費も仕方ないと思ってきました。
ですので、今に至っては、美容皮膚科に行き、保険対象外の治療を受けたりなどして肌質改善を目指しています。
いつか綺麗な肌が手に入ることを願ってはいますが、そろそろ疲れてきてしまったのも事実です。
綺麗になる努力というは時間もお金もかかるものだと、日々感じています。