後悔は先に立たないもの

10代、20代の、まだお肌がピチピチだった頃、年上の女性たちから口酸っぱく言われていた言葉がある。ライスビギンを3ヶ月間使った効果

日焼け止めは必ず塗りなさい、将来シミになるわよ。

女性なら誰しも、1度は言われたことがある言葉ではないだろうか。

しかし、若さというのは無謀なもので、そんな言葉は寄せつけないのである。

その言葉の意味に気づくのは30を過ぎたあたりから、40近くなると、ちゃんと聞いておけばよかった、なぜもっと強く忠告してくれなかったのだろう、とさえ思うようになる。

髪の毛ににポツリポツリと見慣れなかった白髪があらわれ始める頃、顔にもポツリポツリと見慣れないしみがあらわれ始める。

そして、世の中に美白化粧品があふれる理由を知るのである。

風邪をひいてもなかなか治らない、虫刺されの跡がいつまで経っても消えないように、代謝の悪くなった肌のターンオーバーは遅く、毎日美白化粧水を使っても、美白美容液を塗り込んでも、インナーケアに力を入れても、1度できてしまったしみはなかなか取れないのである。

そして、どれだけ肌が綺麗であっても、しみ1つあるだけで、年齢を感じさせてしまうことにため息が出るのである。

今や、お金があれば、しみなんてレーザーで簡単に取れる時代ではある。

しかし、それでも私は今の10代、20代の娘達に言いたい。

日焼け止めは必ず塗りなさい、将来しみになるわよ。

後悔先に立たずって言うでしょ、経験あるでしょ、と。