肌の老化はいつから始まる

肌の老化はいつから始まるのだろう。同じ年でも肌が綺麗な人もいればそうでない人もいます。年をとるごとに肌に張りがなくなり、しみやしわができ、毛穴が開いたり、ニキビ跡も治らないというように、肌の悩みは尽きません。

ラントゥルースは効果あり?私の口コミやネット上の評判などをご紹介!

「25歳はお肌の曲がり角」と聞いたことが一度はあると思います。でも実際は10代後半から始まっています。新陳代謝が活発なのは18歳くらいまでで、それからは気が付いてはいないかも知れませんが肌の老化が始まっているのです。若いときはお肌もピチピチもちもちで、悩みがない人は特に何もしていないと思います。そこで差が出てくるのです。お肌の老化の原因は、紫外線・乾燥・酸化だと言われています。若いときからきちんとケアしておくことが大切です。

紫外線は帽子を被ったり、日傘をさしたり、日焼け止めをしたりすることで過度に浴びることを防ぐことができます。乾燥は洗顔のしすぎややり方に気を付けて、基礎化粧品で保湿ケアを行います。またエアコンで乾燥するので、ミスト化粧水などで保湿すると良いでしょう。酸化とは「さびる」ということです。酸化は喫煙や呼吸やストレスなどが原因で起こります。呼吸は常にしているものなので防ぎようがありません。

酸化を防ぐ食べ物(トマト・にんじんなど)の摂取を心掛け、規則正しい生活をしてきちんと睡眠を取り、ストレスをためないようにしましょう。