野菜の色で様々な健康効果が期待できます。

野菜の色にスポットを当てて、そのいろいろな色に私たちを健康にしてくれる、さまざまな成分が含まれていることを紹介します。

ラントゥルースは販売店で市販されている?話題の美容液の購入方法から効果口コミまでを全暴露!

緑や紫、オレンジなどの野菜の色の成分によって、私たちにどのような健康効果があるのか?について調べて、書いてみたいと思います。

まずは、緑色について見てみたいと思います。緑色と聞いてイメージするのは、ホウレン草やキュウリ、レタスなどがありますね。目にも鮮やかな緑色ですが、緑色にはどのような健康効果があるのでしょうか?緑色は、葉緑体に含まれる光合成色素で「クロロフィル」という名前が付いていて、このクロロフィルがもたらす、体への健康効果は体をリラックスさせたり、発ガン予防効果が期待できることは確かだそうです。

加えてコレステロール値を下げる、貧血の改善、消臭と殺菌、口臭予防、そして最近、なにかと話題のデトックス効果もあるそうです。この前、ガムを買おうとコンビニで見ていたら、クロロフィル入りのガムが売っていました。

次に、オレンジですが、どのような健康効果があるのでしょうか?オレンジと聞いてイメージするのは、ニンジンやカボチャ、マンゴーなどですね。

オレンジ色の色素は2種類あり、「β(ベータ)カロテン(プロビタミンA)」と「ゼアキサンチン」という名前が付いています。βカロテン(プロビタミンA)はカロテノイドの一種で強力な抗酸化力を持っていて、体内で必要に応じてビタミンAとしても働き、その効果として皮膚や粘膜、免疫機能を正常に保ち、視力を維持するのにも効果が期待できます。

もう一つのゼアキサンチンは、ルテインと効果が非常に似ていて存在する場所も、同じく目の中の黄斑(おうはん)部に存在しているそうです。効果も似ていて目の病気である、黄斑変性症の予防や白内障の予防に効果がある色素なのだそうです。

加齢による視力低下防止にも効果があるそうです。

次に紫ですが、紫と聞いてイメージするのは、ナスやブドウ、ブルーベリーなどのベリー類かと思います。この色素の名前は有名なので、聞いたことがある人もいると思いますが、「アントシアニン」です。アントシアニンは目にいいということで知られていますね。

効果としては視力低下防止、目の疲労回復をはじめとして、眼病予防、そのほかにも動脈硬化予防、抗アレルギー効果に期待できます。

色を意識して摂取するのが健康に直結しますね。